村越に聞く

見学会・イベント情報

2016.04.28
お知らせ
雑誌「住む」に掲載しました

一軒の家が出来あがる。住いはそこから長い一生を開始ましす。家は愛着を込めて手をかけてやると、不思議と応えてくれるものです。そしてだんだんと馴染んできます。住いは完成しません。住い手が育てるものです。そんな思いをこめて、雑誌名は半分に欠けた句点を用いています。
簡素で、身の丈に合った普通の家がいい。しかしそうした家をつくるのは、簡単のようで実はなかなか難しいことです。住いの本質をきちんと見極めなければなりません。(「住む。」【編集にあたって】 より転記)
このような雑誌に掲載させて頂き有難いことです。